konami21’s diary

少ないもので幸せに暮らす

もうすぐ迎える日

1カ月後に誕生日を迎えます。最近は、心境の変化がたくさんありました。しかもそれは、ポジティブな方向への変化です。

 

まず、断捨離を進めていって、本当に必要で大切ものを見極めていくうちに、心が軽くなっていった影響が大きくあると思います。

 

歳をとるって、以前はあまり嬉しく無いことに思っていましたが、ここまで歳をとってきて、世の中で起こる事への感じ方や見える風景が凄く変わったことに今、感動すらしている状況です。

 

こんなに景色が変わるなんて予測できなかった、嬉しい変化です。長く生きてきたご褒美のような感じです。

 

一番大きく変わったことは、自分に対する意識だと思います。人生の折り返しにきて、ここまでよく頑張ったと、本当に褒めてあげたい気持ちでいっぱいなんです。自分自身に対して、誰よりも厳しかったと思います。今思い返すと、以前の自分自身が可哀想になるくらいです。でも、もう厳しくすることはやめて、何に対してかわからないけど許してあげようって思っています。よくここまで頑張りましたねって言ってあげたいです。可笑しいですけど、自分自身に。

 

そして、私自身が私自身をここまで連れて来てくれて、ありがとうって思います。本当に可笑しなことを言っているのはわかっています。

 

この後は、もっと穏やかに楽しく幸せに家族と共に過ごしていきたいなと思います。

 

誕生日を前にして、心境の変化を綴りました。

お付き合い、ありがとうございました。

 

なんだか分かりませんが、誕生日を迎えるのが楽しみになってきました。

 

久しぶりのスコーンを焼きました。美味しそうに見えないけど、やっぱり、美味しい!

 

f:id:konami21:20180521104900j:image

 

今日も良い一日をお過ごしください。

 

 

1 in 2 or 3 out

お弁当作り用の小さなフライパンを買い替えました。小さいフライパンは、卵を焼いたりするのにちょうどいいのですが、油が飛び散るのが気になっていたし、何より劣化が気になっていたので、大き目のフライパンに変えました。

 

新しい物は、使い心地がよく楽しくお料理しています。ただ、大きくなった分、収納場所に困りました。

 

f:id:konami21:20180517114223j:image

 

こうなると、使用頻度の低いものから押し出し方式です。

 

長く使っていた大き目のガラスのボール。実は、このサイズはもう一つあるので、仕方がない、手放します。

 

f:id:konami21:20180517114310j:image

 

これも長く使った大き目の鍋。このサイズの鍋がこれまた、もう一つあります。

 

f:id:konami21:20180517114324j:image

 

よく考えてみたら、重複して持っている物ってあるもんだな。あったらあったで使うけど、無くてもなんとかなるというものなのだと思います。

 

よく使い込んだフライパン。ありがとう、さようなら。

 

f:id:konami21:20180517104230j:image

 

ガラスボールとビタクラフトの鍋。これは、アウトドアー用にしようかな。

 

今回は、1 in 3 outと言いたいところですが、新しく買ったフライパンには蓋と蒸し器を付けましたので、3 in 3 outになりました。

 

今日の芍薬様。

 

f:id:konami21:20180517114705j:image

 

今日も美しいです。美しさにひれ伏してしまうのが人というものなのかもしれません。

 

良い一日をお過ごしください。

やらなきゃいけないこと

冷蔵庫の横にメモを付けていて、買い足すものとかやらないといけないことや忘れてはいけない予定などを気がつくままに書いています。

 

2月の半ばにプロのお掃除屋さんにしてもらったキッチンのお掃除。なるべく、キープできるように日々小掃除を頑張っています。換気扇のファンのお掃除のやり方も教えてもらい、2〜3か月に一度はファンを取り外してお掃除しようて考えていました。

 

そろそろしなきゃとずっと思っていて、メモにも書かれたままなっていました。わたしは機械音痴っていうか、分解したものを元に戻せない性質なので、どうも躊躇してしまっていましたが、一大決心をしてやってみました。(大袈裟ですが)

 

f:id:konami21:20180516111926j:image

 

あら、結構簡単に取れました。案の定、油でベトベトしていました。が、まだ食洗機で回せば綺麗になりそうなレベルでした。

 

f:id:konami21:20180516112718j:image

 

食洗機上がりのファンは、スッキリと綺麗に仕上がっていました。

 

これなら、もう少し小まめにできそうです。

汚れもやらなきゃいけないことも溜めないのが一番ですね。

 

これって他にも当てはめることができて、人間の体も毎日の小さなセルフケアが健康と美を維持するのではないかと思いました。

 

毎日、そこそこにお掃除とセルフケアを頑張って、家もなるべく自分もそこそこの綺麗をキープしていきたいなと思います。

 

ところで、芍薬がこんなに美しいお花だとは知りませんでした。毎日、その美しさに見惚れています。

 

f:id:konami21:20180516114033j:image

 

f:id:konami21:20180516114134j:image

 

上手く撮れなくて、何度もカメラ小僧さんみたいになって撮り続けています。

 

良い一日をお過ごしください。

 

 

 

 

断捨離を進めて

少しずつ、断捨離を進めています。特に洋服です。あまり持っていないと思っていましたが、秘密の床下収納庫にありました。結構、隠していたようです。今は、わたしの服ではなくストックのお米と冬の間に活躍した小さな電気ヒーターと旅行用のバックとお葬式用の靴とバッグを収めています。

 

ぎゅっ抑えてみるとこんな感じです。隠れているものもあります。

 

f:id:konami21:20180515153547j:image

 

後、今クリーニングに出しているダウンジャケットが1着あります。

 

服って、もしかしてまた着るかもっていう気持ちがあると手放せないものです。この服が無くても大丈夫だと思えば手放せました。

 

服は、もう本当に必要なものしか無いです。でも、こうなると物欲が無くなっていくのですね。不思議ですが。また、捨てるという嫌なことをしなければならないのなら、もう買わないって思うのでしょうね。

 

でも、今は清々しい気分です。今ある大好きな服をたくさん着たいと思うし満足感でいっぱいです。

 

ようやく、断捨離の終わりが見えてきた気がします。もう、むやみに物が増える気がしない。何かを手に入れたら、何かを手放す、そんな覚悟ができました。

 

f:id:konami21:20180515153247j:image

 

次女の芍薬が咲きました。とっても綺麗です。次女がいなかったら、めぐりあえなかった美しさです。どうもありがとう。

 

良い夕刻をお過ごしください。

 

何もしない

良い天気になりました。明日は、天気が崩れるそうですが。子供の肌布団を洗って、しっかりと太陽の陽の下に干しています。こういうのすごく嬉しくなります。

 

ここ数日は、夫が昼間うちで仕事をすることが多く、わたしは疲れました。わたしは2階のリビングにいて、夫は1階で仕事をしますが、電話が始まると扉を閉めていても声が聞こえてきます。リビングは、吹き抜けだし扉もありませんので。

 

今日は、みんな出払っています。やっと一人になれた、と喜んでいます。が、近所の公園でお祭りがあり、和太鼓が聴こえてきます。布団叩きみたいに嫌な音ではないけど、もうちょっと静かにして欲しいって思うのはわたしだけでしょうか…。でも、あまり聴くことのない音ですので、楽しみましょう。

 

リビングの椅子位置を変えて、見える景色も変わりこんな感じ。

 

f:id:konami21:20180512114124j:image

 

気持ちがいいです。ボーっとしていると、気持ちがリセットされます。

 

次女が学校で生けたお花もいい感じに花開いてきました。良い花器がなく残念ですが。

 

f:id:konami21:20180512114418j:image

 

次女の学校では華道や茶道の授業があり、有り難いです。この学校が次女に合うだろうかとか、入学前は色々心配しましたが、今は本当に楽しく通ってくれており、安心しています。

 

何もせず、ボーっとして幸せを感じる午後を過ごしています。

 

ありがとうございます。

 

良い週末をお過ごしください。

断捨離の先にあるものは?

今朝はゴミ出しの日だったので、先日断捨離した服などで袋いっぱいになったものを出してきました。ありがとうと言って処分しました。

 

やっぱり、まだ着れるのに似合わないという理由で処分するのは心が痛みます。次にお買い物をするときは、きちんと試着して確認してから買おうと決心します。が、ついネットで楽して買ってしまう自分がいて怖いです。

 

物を減らしていった後は、いったいどうなっていくのでしょう。きっとみんな快適な暮らしを求めて断捨離をするのでしょう。そして、それはそれぞれにとっての快適さなのでしょう。

 

わたしの場合は、物が減っていくと同時に感覚が研ぎ澄まされる感じになっていくのがわかります。良いと良くないが以前よりはっきりとするという感じとか、小さな変化に気づけるようになるとか、体がケミカルなものを拒否する感じとか、もっと言えば、どんどん自然になってゆく、素の自分になってゆく気がします。

 

40年以上も生きていると、いろんなものの影響を良くも悪くも受けていますが、無理して合わせようとしなくなってきたような、すごく楽になってきています。これは、年齢のせいもあると思いますが。

 

そしてこの頃、気になって仕方がない物。

 

f:id:konami21:20180510123302j:image

少しだけ欠けた食器。

 

f:id:konami21:20180510123313j:image

 

f:id:konami21:20180510123321j:image

 

 

 

使うにはほとんど問題ないし、気に入っているものなので、何年もこのままで使っていましたが、もうダメです。処分のしどきだと感じました。

 

来客も減ったし、これらが無くても全然支障が無いくらい他にたくさんあるので、お役ご免にさせていただきます。今まで、ありがとうの気持ちを込めて。

 

小さな欠けを作らないように、丁寧に食器も扱いたいし残された物を愛情を込めて使っていきたいです。

 

良い一日をお過ごしください。

 

 

旅の教え

今回の韓国旅行は、2泊でした。しかも、とても良い気候でしたので、沢山の着替えも必要ありませんでした。ワンピースに上着を一枚羽織って行き、着替えのワンピースを2枚持って行っただけでした。後は、下着と化粧品くらいのもので、リュックに収まる量でした。帰りは、嵩張る海苔なんかを買う予定だったので、スーツケースは持って行きましたが、スカスカでした。

 

旅行に行くと、普通に生活するのにたいして服の数は必要無いといつも気付かされます。今回の旅では特にそう感じたので、帰ってからもう一度、服の整理をしました。床下収納庫にしまってある冬服も含めて、似合わないとか着にくい物、それから靴も整理しました。

 

結果、残ったのはやっぱりワンピースとジーンズでした。こちらも厳選し、ジーンズはほぼ部屋着ですが、二本になりました。

 

ジーンズを部屋着にする理由は、少々硬い素材が家の中でもダラダラできなくする、ちょっとくらいならすぐ外出できるところが気に入っています。ただ、真夏だけは別ですが。

 

服の数を減らして、十分に着てあげれば潔く処分もできるし、また新しく買う楽しみもあり、クローゼットの中の風通しが良くなって、いいことがありそうだしね。

 

f:id:konami21:20180509105816j:image

 

ホテルまでとは言わなくても、スッキリした暮らしをして行きたいです。

 

良い一日をお過ごしください。